行くぜっ!解凍少女

不妊治療で産まれた「解凍少女」の日常。

不妊治療で授かった「解凍少女」と猫とアラフォー夫婦の日常

自分の感受性くらい

久々のブログ更新です。
ツイッターではホイホイ漫画あげてるのですが、こちらの方は私なりにいろいろ噛み砕きたい出来事をくどくど書いていく場にしていこうかと。そんなかんじでよろしくおねがいします〜。


さて、ムスメが1歳過ぎたらやりたかったことのひとつ「一時保育」。
先日ついにデビューしてきました!
とりあえず慣らしで4時間からでしたが、先生曰く「初めてとは思えない」くらいリラックスして楽しんでいたらしく(ごはんもおかわりしたとか。笑)とても良かったので、これからなるべく週一くらいで利用したいと思っています。

問題はそこに至る少し前にあったことで。

f:id:kaitousyoujyo_haha:20170816080549j:plain

f:id:kaitousyoujyo_haha:20170816080552j:plain
f:id:kaitousyoujyo_haha:20170816080604j:plain

我ながらほんとに恥ずかしい…。
元々イライラしやすい性格なうえに、初めての一時保育という緊張も相まってもう暴走機関車のようになってしまいました。

誰がどう見てもすべては私のせいでイライラして他の人にあたるのはお門違いなのですが、焦りすぎてうわーーーってなると「なんで私がこんな目に→私って本当いつも大変→夫はまったく手伝ってくれない→夫むかつく」とか「駐車場が空いていない→どうして保育園の専用駐車場がないんだ→子育て層に優しくない社会が悪い!」っていうトゲトゲ思考になってしまうんです。

触れれば噛み付きそうな禍々しいオーラを放ちながら、ムスメを抱えて大股でズンズン歩く私を他の人はどう見たのか。
若かった私が「こえ〜。ヨユーなさすぎだろ〜。」って思っていた存在になってしまったんだろうなと。

だってしょうがないじゃない、私こんなに忙しいんだし、大変なんだし。
昔私がバイト先でされたのと同じことをコンビニ店員さんにしてしまったけど「客の中には嫌な奴も居て当然、しょうがない」って、その時の私と同じことを思うんだろうって。
あやうくそれで終わらせてしまうところでした。

f:id:kaitousyoujyo_haha:20170816080603j:plain

f:id:kaitousyoujyo_haha:20170816080606j:plain
ATMの整備を待ちながら思っていたのが「もしかしたら私のあの時の態度、言動がこの人の心の黒いシミになっちゃってるんじゃないか?思い出すたびに嫌な気分になってるんじゃないか?子連れの母親ってみんなこうって思われてるんじゃないか?」ってことで。

私は他人の心を平気で汚したり、うっかり汚してしまっても謝らない人間でいたくないし、ムスメにもそんな人間になってほしくない。
きっとこれまでもこういう局面って沢山あったはずだけど、もう人の親なんだから。
私の行動や言動がムスメに影響するんだって。

それに気付いて謝ったからって、まったく褒められたもんじゃないんですけどね…。
でも店員さんがにっこり笑ってくれた時、大好きだったけど忘れてた詩を思い出すことができました。

別に世間一般的な母親の印象をよくするために!とか見当違いなことは考えてないですし、他者や社会に対してそんなのおかしいだろ!(怒)って思うのもやめられないと思う。
だからこそ自分自身は、自分の感受性くらいは守らなきゃいけないってのを思い出させてくれるのがこの詩なわけで。
自分が母親になるなんて想像さえしてない頃に知って10数年経った今、より一層心に響くのを感じています。

私はまだ人間的に未熟すぎるうちに母親になってしまったなあ…と常々思うのですが、こんな風に「ムスメにどう教えるか」を考えながら行動して、一緒に成長していけたらなあと思います。
子供と一緒に成長…欠伸出そうなほど月並みだけど、やっぱりそーゆーもんなんですね。ほんと毎日勉強ですわ。

よければポッチリンコお願いします★

人気ブログランキング